10年片思いした人を亡くした人のブログ

ブログ主はバイセクなので好きだった人も自分も男です。あんまり良いことは書いてないです。ブログ主はニートなので見ててイライラすることが多々あると思います。

49

今日も昨日みたいに眠過ぎて書けないような気がするから早めに書いとく

昨日はX君にありがとうとか色々言おうと思ってたけど朝5時に送るのもアレかな?と思って結局やめた

眠い時に文章書いてテキトーになるのも嫌だしね

それで今日は昼1時に起きた

起きてから前回見たK君の夢のこと思い出したり、考えてたらしてた

そうしたら何か「あぁ、辛くなるのは今じゃないな」ってのがなぜか自然と何の疑問もなく思った

「今じゃないな、あと数ヶ月か数年後か、その時にこんな夢見た時が一番辛くなるんだろうな」とハッキリ理解した

たぶんその時は相当辛いような気がする

もしくは、僕がまた彼を精神的に必要としたときかもしれないけどね

いつも必要としてるんだけど、傷ついたときとかそういう時の逃げ場がないことに気づいたときに僕は相当病むと思う

次はもう戻れないんではないだろうか?と心配になる

あと、今日はツイッターで初めてではないけど、挨拶だけしてた人と話した

その人も僕と同じバイセクシャルの人

同性好きになるってのも難しい話だなと思う

K君との関係を思い出すと、辛いとは言いたくはないんだけど、やっぱり辛いこともたくさんあったのは間違いない

それはどうしようもないことだしね

最近は世の中では、新潮45だったかに同性愛批判の記事が載っていて、それが問題になってたりする

痴漢だとかそういうことと同じ枠組みで語られてる部分もあったらしい

僕は文章自体は読んでないからあんまりわかんないけどね

しかし、なぜ他の人は理解出来ないのだろうか?と僕は少し疑問に思う

必ず誰かを好きになったことはあるだろうし、その人と一緒にいたいと思ったこともあると思うし、そのことについてとやかく言われるのはおかしいと思うはずなのに、なぜ同性愛となると理解されないのだろうか?と

しかしまあ何事も誰もが理解出来ることはないから批判があっても当然だと思うけどね

僕はバイセクシャルの立場だからそう思って、完全異性愛者の同性愛批判が理解出来ないように、向こうも同性愛を理解出来ないんだろうと思う

理解出来ないから理解する努力はしなきゃいけないと思うけどね

恋愛映画だとかで身分を超えて愛し合ったりとか、苦難を乗り越えて愛し合うということに感動する反面、同性愛には怒る人もいるから世の中よくわからないものだと僕は思う

僕も同性愛とか異性愛とかで文章書いてるけど、僕は出来れば異性愛だとか同性愛とかそういうことではなくて「好き」だとか「愛してる」という感情が大切にされるような、そんな世の中になればいいなと思う

ここは天国じゃないから難しい話だけどね

 

sounds like a love song

bobby glenn - sounds like a love song - YouTube

(KREVAがこれ使って何か曲だしてた。僕は高校の時だったか?にKREVAの方の曲の話題を振られて。「KREVAのやつ聴く?」と聞かれて、「俺は原曲のsounds like a love songの方が好きだな」なんて答えたのを思い出した。思い出して、「あぁ僕はやっぱりウザいやつだなぁ…」と少し何とも言えない感覚に浸った。)

 

48

今日はゲームし過ぎた

ずっと友達とゲームしてた

けど、今日はいいことがあって

昨日K君の夢を見てしまって、僕はそれが割とジワジワ効いてきてたんだけど

それでX君に辛いから相手して欲しいって言ってて、けど昨日は相手してくれなくて落ち込んでたけど、今日は連絡取り合えたから良かった

いつも結構な頻度でシカトされるけど、辛いって言ってちゃんと相手してくれたから余計に嬉しかった

最近はツイッターで色んな人と話すけど、今はやっぱりX君と話していたい

やっぱり少しK君に似てるから安心する

今日はとても眠いから、とても短く終わらせる

 

once in a while

John Coltrane Once In A While - YouTube

(よく雨の日に聴いてた。今日も雨が降ってる。)

 

47

今日も特に何もない1日だった

朝5時まで起きてた

で、寝て起きたのは10時くらいだった

眠くて眠くて仕方なかったけど、なんでか寝れなくて夕方くらいまで起きてた

で、夕方に2時間か1時間くらい昼寝した

寝てる時にK君が出てくる夢を見た

僕は高校の頃のクラスに居て、K君がそこで蘇ってた

僕はそれを見て凄い安心して嬉しかった

「あぁ、やっぱりK君は生きてたんだ」と安心した

それで僕はK君に色々ちょっかいを出すんだけど、反応はするけど会話はなんかしなかった

「死後の世界はどんなんだったんだろうか?」とか「好きって言おう」とか色々思ってた

で、ほかのクラスの人とも話したりした

B君とかね

それでいつのまにか帰る時間になって、僕はどうしてもK君と一緒に帰りたかった

けど、K君はいつもスクールバスで帰っていたから「一緒に帰れないかな?」って凄い悩んで、相変わらず僕は彼に何と話しかけようか悩んでた

それで僕は「そうだ!今日は自転車で2ケツして帰ろう!」と思って

ウキウキしてるところで起きた

とても悲しかった

起きても相変わらず彼は死んだままなわけで、当然蘇ることはないしね

前見たときはもっと喪失感凄くて本当に寝れないくらいだった

なのに、今日はそんなに感じなくて

「あぁ、僕はなんて冷たい奴なんだろうか…もうK君のことをなんとも思ってないのかもしれない」という罪悪感に苛まれてる

ずっと彼のことばかり考えてる

ほかのことも考えるけど、彼のことの延長線上で考えてるように感じる

どうにも出来ないと頭ではわかってはいるけど、どうにかして会いたいと、そう思う

誰かに心を癒して欲しいと僕はずっと思ってる

出来れば彼のことを忘れたくはないけど、いい関係というか、適切な関係を築きたい

けど、生きてる間ですらそんなこと、出来なかったんだから、死んでしまったなら尚更無理なような気がする

僕はどうすれば良いのだろうか

 

A secret of the moon

#7 A Secret of the Moon (Planetes Original Sound Track Album 1) - YouTube

(テキトーな選曲。)

 

46

今日はよく寝た日だった

昨日なんだかんだ朝四時くらいまで起きてて、ゲームの友達と少しゲームしたり話したりしてた

で、起きたのが朝8時

めちゃくちゃ眠かったけど、二度寝出来そうにもなかったから起きてテキトーに何かしてた

その後に昼くらいに寝た

悪夢みた

今日みた悪夢はなんか父親と母親と喧嘩する夢だった

K君の話になって、何か両親が全く理解してくれないっていうか、父親に何か言われて僕が色々反論するんだけど、父親はそれを横になりながらあしらうっていうか、そんな感じになって自分は必死に訴えてるのに聞いてくれないで、母親も父親に同意するようなそんな夢だった

こんな感じの夢はよく見る

僕の悪夢の典型の一つでもある

よくあるのは書いてあるようなことがあって、それに怒って夢の中で物を壊したりだとか、机ひっくり返したりだとか

何か僕が訴えてるのに誰も相手にしてくれないことに対してとても怒る夢は悪夢の中でもよくある

原因は親がどうとかではないんだけどね

自分が色んなところにそう感じていることが起因してる

寝る前にそんなことを思っていたことが悪夢をみた原因でもある

実際、僕はK君死んでとても辛かったのに、現実にいる友達は全然連絡くれなかったというか、心配してもらえなかったことを思い出してた

別に僕はそれを責めはしないけどね

みんな忙しいってのもあるし、僕もK君が死ぬ前に頻繁に連絡取ったりしてたわけではなかったから、時間が自分の存在を薄めてしまったことを理解してるし、心配されるほどみんなに何かをしたわけではないしね

けど、そういう理解はしているけど、それを超えたわだかまりってのを寝る前に感じてた

自分は結構幼い性格をしているので、心配してもらったりして欲しかったりする

ネットの友達は色々と気を使ってくれたけどね

以前どこかに書いたK君に少し似たX君はとても僕の面倒を見てくれた

X君は学生だけど、バイトしててバイトが終わったら僕に連絡して特になにもない話をしてた

それはK君死ぬ前からよくあったことなんだけど、それが僕は救いだった面がある

一番辛かった最初の1ヶ月くらいはずっと寝る前に長文送りつけてたしね

自分の気持ち書いてた

K君にもほとんど毎日そうしてたように、そんなことをさせてもらってた

目の前にX君いてくれたら散々抱きついて、泣きついただろうなーと僕はそんなことを思ってた

かなり遠くに住んでるからできないけどね

させてくれなさそうだしね

最近もX君におやすみって寝る前に送ってる

あんまり送るから最近はシカトされてるけどね

おやすみと言って寝ると少し安心して寝れる

やはり僕は幼いなと自分で思う

 

I miss you

Akiko - I Miss You - YouTube

(これも高校の時に見つけた気がするけど、いつだったかな?あんまり覚えてないや。)

45

最近、珍しくというかブログ作ってからほぼ毎日更新してた、思い出を更新してない

してないというか、する気が今はない

昨日、ふとLINEを読み返そうと思ってLINE開いて最後の方に送ったLINEを読み返してた

そしたら、なんか書きたく無くなってしまった

自分の用だからまたゆっくり書き始めればいいけどね

LINEも僕はKくんの名前めちゃくちゃ書いてて、事あるごとにK君云々と書いてた

それを見返して名前を見たときに何かいつもと違うなんとも言えない感覚になった

それがとても悲しかった

悲しいというより虚しいというか

また彼の前で名前を呼びたい

今日は少し色々あった

ツイッターでDMを知らない人とずっとしたりね

知らない人というより今日知り合った人

人と話すのは楽しいし、気が休まる

たぶん、今日、明日は一緒にゲームやる人もいないので1人だから何か色々しようかな?と思ってる

大したことはしないんだけどね

あと、もう一つあって、このブログがたぶんネットの友達に見つかった

周りに話さなければ別にいいんだけどね

僕もK君のブログこっそり見てた

もしかしたら見てるの気付いてたかもしれないけどね

それはないか

けど、僕はこのブログはネットの友達には見つかるように作ってる

本気で探せばの話だけどね

見つかる可能性を残して作ったというのが正しいけどね

別に見てほしいわけではないんだけどね

そういう形にした方が良いような気がしたから、そうした

K君はもし僕が先に死んでいたら彼はなにをするんだろうかと思う

僕のようにブログを建てたりはしなさそうだけどね

どういう思いを持って過ごすのだろうかと答えのない想像をする

毎日答えのないことばかり考えてる

このもっとも最適な答えを僕はおそらく知っている

「そんなことわからない」と僕がはっきり認識して考えるのをやめて

死んでしまったK君と適切な距離を取ることがその答えだろうと思う

だから、まだ答えは出ないまま

今日は後は少しゲームして寝る

 

NINGEN State of mind pt2

RITTO【MV】NINGEN State of Mind pt-II / pro.OLIVEOIL - YouTube

(.これはY君との思い出の曲。彼は覚えてないだろうけど、ニートに入って久々にY君にあって、教えてくれた曲。この曲を教えてもらった後くらいに色々とここには書けない不思議な体験をさせてもらう。)

44

なんか相変わらずツイッターを見ていたらいろんな人がいるなーと僕は思ってた

金子みすゞは「みんな違ってみんないい」って言ってて。「十人十色」という言葉もある

けど、現実はそんなに綺麗に出来ない気がする

10人いれば6〜8人くらいは同じ色というより近い色になると思う

思惑はそれぞれだけど、自分からその色に染まろうとしたり、染めようとしたりとかね

で、残りは違う色の人間なんだけど、それも難しい話で、当然色にも人気な色と不人気な色があって、たったそれだけで嫌われてしまったりする

みんなと違うというのは孤独だし、孤独はとても辛く怖いものだから仕方ないけどね

十人十色と上手くはいかないけど、僕は何色に染まってもいいし、それはやっぱり上手く生きていく術だと思う

1番は自分の色で生きて、それが周りに認められることなんだけどね

けど、そう上手くはいかないわけでね

だから僕は他の色に染まってもいいけど、根本的な自分の色を忘れちゃいけないと思う

その根本的な自分の色というのを自分で理解するのも難しいことだけどね

たくさん人はいるわけで、誰も認めてくれない個性ってのはなくて、いつか誰かが必ずその個性を許してくれたり、認めてくれたりすると僕は思ってる

K君は僕の個性を許してくれた

彼は僕がホモかバイかどっちと思ってたのかわからないけど、どちらにせよ同性愛的な感情を持ち合わせてたのは知ってたと思う

けど、彼はそれを許しててくれたしね

散々嫌がることもたくさんしたわけだけどね

僕のはこういうのは少し特殊で良い体験だと思うけど、多くの人もそうあって欲しいと願う

自分のありたい姿や素の姿であれる場所が1つでもあれば僕はいいなとそんなことをK君と一緒にいて僕は思った

今日は何をしようか

 

 

いつでも誰かが

【高音質】いつでも誰かが - YouTube

(世の中そんな上手くは出来てないけどね。不意に必ず孤独は襲いかかるし、それはどうしようもないことが多い。多くの人が誰かと繋がっていれるようにと僕は願ってる。)

43

今日は結構寝た

というか寝過ぎてる感もあるけど、寝てなかった時期の分取り戻してると思えばいいかな?

特に何もない1日だった

何もしてないからずっとK君のこと考えてる

あれしたかったなーとか、これしたかったなーとか、そんなんばっかりだけどね

とても頼ってたし、今も今まで優しくしてくれてた分でなんとか食いつないでるような状態

相変わらず、またいつか傷付くのではないか?と思うと結構びびってる

たまに何か病的なほどではないけど、妄想というより想像というか、友達とかに自分が持ってる感情をバカにされるというか、蔑ろにされるような、そんな想像に囚われてしまうときがある

どちらにせよ、もうリアルの人にはあんまり話さないんだけどね

もしかした、ポロっとどこかでそういう話をしてしまうかも知れないけどね

頭の中に敵作るのは良くないね

ありもしないことを自分で作って、それに憎しみを抱くのは色々と精神的に不調を来たすと僕は思ってる

それは日々の不安とか不満とか色んなものの折り重なりで作り上げられたりするから、その頭の中の敵自体を見つけて、よくないと思っても解決出来ることではないんだけどね

僕はK君好きだったから、彼女とか別にいいやと思ってたけど、やっぱ欲しくなるね

別に彼女じゃなくてもいいんだけど、心を開いて許してもらえるような人がほしい

かなり都合のいい考え方だけどね

僕も何かしらの代償を支払わないとそういう関係ってのは築けないわけで、僕だけが傷つかずに素晴らしい関係を築こうってのはね

お互いに分かり合えない部分があるということを分かり合えるということが人間関係で大切なような気がする

僕とK君は分かり合えないことばかりだったしね

人に心開きたいと思いながらも、僕は怖くて開けないし、そもそも開こうとしてない部分もある

自分自身を見ているだけでも複雑なのに、僕の目に映る多くの人はどれほど複雑なんだろうかと思う

悲しみも苦しみも楽しさも優しさも思い出もトラウマもそんな色んなものが折り重なって混ざり合って一人の人間なんだろうなと思う

 

Sleep

白峰集落 (Meiso [SLEEP]) - YouTube

(またK君の隣で寝たい。安心して寝れる場所だった。寝る前に嫌なことを思わず、悪夢も見ずにぐっすり寝れた。一度一緒に昼寝したことがある。とても暖かかった。肉体関係とかはなかったけどね。精神的に暖められた。そんな優しい暖かさに包まれながら寝たい。)